株式会社ナルティスのブログです。
by nar_boss
info
【休暇のお知らせ】
6月1日(木)〜4日(日)まで
社員旅行のためお休みをいただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、
旅行前後がんばります!




2017年、新年のご挨拶
! —

!! ナルティス instagram 更新中 !!

公式Facebookはコチラ


▷▶ 株式会社ナルティスとは/MAP

▷▶ ナルティスキャンバス!!

………

装丁を主体に活動する
ナルティスのブログへようこそ。

ナルティスは、
「本」にまつわるデザインを
生業としています。

本ブログはお仕事の紹介や弊社の日常を、
Facebookはブログと連動しつつ、
Facebookのみの情報も交えて更新中です。

装丁・デザインのご依頼などは
こちらからどうぞ。
(窓口:マネージャー上野)
mail:
nartis@nartis.co.jp
tel: 03-6457-5170



<!!!>ナルティスWEBサイトおよびブログ内の写真、文章の無断転載はご遠慮ください。
カテゴリ
検索
最新の記事
WORKS_comic 『ホ..
at 2017-05-24 18:01
WORKS_comic 『恋..
at 2017-05-24 14:39
月刊 モーニング・ツー 7 ..
at 2017-05-24 14:35
WORKS_comic 『ス..
at 2017-05-24 14:17
WORKS_comic 『ス..
at 2017-05-24 13:48
WORKS_comic 『ダ..
at 2017-05-24 13:42
WORKS_comic 『追..
at 2017-05-24 13:35
WORKS_comic 『シ..
at 2017-05-24 13:26
WORKS_comic 『ド..
at 2017-05-24 13:23
WORKS_comic 『ゾ..
at 2017-05-16 16:28
ブログジャンル
画像一覧
2016年 05月 09日
熊本へ。〜 『くつだる。』 ゴトウマサフミさんイラストイベント開催! 〜
ごきげんいかがですか?
マネージャー上野です。

2016年5月5日こどもの日、熊本に行ってきました。
『くつしたがだるだるになっちゃうわけ〜イマドキ妖怪図鑑〜』
『くつだる。〜イマドキ妖怪図鑑〜』の著者であるゴトウマサフミさん(twitter:@goto_masafumiが、
熊本市菊池郡にある菊陽町図書館にて来場者全員にイラストを描いてくださるイベントが開催されたのです。

熊本地震以降さまざまなイベントが中止せざるを得ない状況だった中、
いち早く再開することができた菊陽町図書館では、予定通りこのイベントを開催することを決めたのだそうです。

わたくし実家が福岡県北九州でして、小倉駅 8時13分発の九州新幹線・みずほに乗車。
9時4分には熊本に着きました。早すぎる。あっという間。
わたしが地元に居た頃は、熊本というと車で3時間くらいかけて行くイメージでした。
九州新幹線が開通して以来、こんなに近くなってたんですね。
c0048265_1718498.jpg
c0048265_17182377.jpg


熊本駅では、くまモンのお出迎え!
地震以降、活動を自粛していたくまモン、ちょうどこの日から活動再開したそうです。
c0048265_1719553.jpg
c0048265_17191520.jpg


菊陽町図書館のある三里木駅までは、JR豊肥本線に乗ります。
この日はまだ不通区域もありました。一日も早く全線開通しますように。
c0048265_17214350.jpg


たくさんの人が乗車していて、お出かけになっている方も多い様子。
ニュースで映し出される状況しか知らないので、日常がどんなことになっているのか行くまでわかりません。
なんとなく、人が動いているのを見てホッとしつつ、行って見られる場所も状況も、ごく一部です。
車窓から見える、屋根にかけられたブルーシートを眺めながら電車は進んで行きました。

30分足らずで三里木駅に到着。
c0048265_17235838.jpg
c0048265_17295569.jpg
c0048265_17371823.jpg


てくてく歩いて菊陽町図書館にやってきました!
c0048265_17375331.jpg

ゴトウマサフミさんにご挨拶し、地震のこと、お仕事の状況などを聞かせていただきました。
「やっぱり仕事がしたい。」とおっしゃっていて、そういえば東日本大震災の直後、
わたしも仕事欲(食欲も)が倍増したことを思い出しました。

会場は長蛇の列。
c0048265_17415590.jpg

『くつだる。』大好きな子供たちが、どんどんやってきます。
c0048265_18152191.jpg

ひとりひとりに丁寧に妖怪を描き続けるゴトウさん。
c0048265_17434048.jpg

そしてこちらが今回のイベントの企画者である、菊陽町図書館 ゲームソムリエ司書の高倉さん。
図書館という場に人を呼ぶべく、いろんなイベントを企画されているそうです。
c0048265_17484345.jpg


総勢120名を超える子供たちが集まったそうです。
来場していた親御さんが「ゴールデンウィークなのにどこにも連れて行ってあげられてなかったから、
このイベントがあって良かったです。」とおっしゃっていたのが印象的でした。
子供たちがわいわい笑いながら集まって、ゴトウさんのペンの動きをじっと見ている光景。
お邪魔できてほんとうに良かったと、心底思いました。
突然の訪問にも関わらず、ご丁寧に対応していただきありがとうございました!


せっかく熊本に来たのだから、熊本城を見て帰ろうと決めていました。
その話をしていたら、菊陽町図書館で偶然居合わせた方が熊本城まで車で送ってくださることに。
熊本の若者のための情報誌『月刊タウン情報 クマモト』(愛称:タンクマ)編集長・小﨑さんです。
こちらがタンクマ。熊本市内のコンビニで購入。
c0048265_18295651.jpg


車から外を見ていると、まだまだ災害支援車両も多く、ボランティアの方も多数おられました。
必要な場所に必要な人が行く邪魔をしないよう、わたしたちは渋滞を避けて熊本城へ。

余震が続く中、次号の準備に奔走中の小﨑さん。
5月27日発売の6月号は急遽特集を変更し、特別編集号「元気です! 熊本」として発売されるそうです。
わたしも楽しみに待ってます!!

さて、熊本城です。
c0048265_1955227.jpg

地震の影響で立入禁止になっているところも多かったのですが、
ぐるりと回り道して、二の丸広場から熊本城を見ることができました。
c0048265_1957518.jpg
c0048265_1958640.jpg
c0048265_19583079.jpg


二の丸広場は芝生が広がっていて、とても気持ちのいい場所でした。
お子様連れの方も多く、みなさん思い思いにゆったり過ごしていました。
c0048265_2052697.jpg


今の熊本城を見ようと、地元の方、そして観光客もたくさん来ていました。
熊本城を眺めながら、以前来たときの話をしたり、当時の写真を見せ合っている方もちらほら。
おそらくその場で出会った人同士だと思われるのですが、熊本城で広がる友達の輪。
c0048265_2081776.jpg
c0048265_2083234.jpg


熊本城の城下には、城彩苑という観光施設があり、熊本グルメを堪能したりお土産を買ったりできます。

熊本には何度か訪れたことがあるのですが、これ、食べたことなかった…!!!
ちくわサラダ!!!!!ちくわの穴にポテトサラダを詰めて揚げたものです。
ものすごく美味しいんですよ!! びっくりした!! 熊本人のソウルフードだそうです。
c0048265_2017182.jpg


通りすがりのおじちゃんが言うには、ちくわの中に詰めるものはなんでも良いとのこと。
肥後もっこす精神です。
おじちゃんのオススメはキムチ。揚げる衣に一味を混ぜるのも美味しいと教えてもらいました。

さらに食べてみたのが、うにコロッケ!!
これは………本物のうにがたっぷり入っているではありませんか。
アツアツで口の中火傷するし、美味いし、うにが溢れてこぼれるし、もう大変。
c0048265_20234564.jpg
c0048265_20214053.jpg


ちくわサラダを食べているときに、
熊本城の再建のために城内で作業している方と、たまたまお話することができました。
「今の熊本城も見て欲しい」とおっしゃっていました。

もちろんいろんな考えがあると思うのですが、ちくわサラダ食べに来るだけでもいい気がする!
だって揚げたてが美味いんですもの!!!
そしてお土産たくさん買って帰ったら良い気がする!!

少なくともわたしは、今回熊本に行ってよかったなと思いました。
短時間の滞在だったので、あまり多くの場所には行けませんでしたが、
やっぱり熊本良いところ。また行きたいな。

今回、こうして熊本を訪れるきっかけをくださったゴトウマサフミさん、菊陽町図書館さん、
ほんとうにありがとうございました。

そして現地で大変お世話になった小﨑さん、通りすがりにいろんなことをおしゃべりしてくださった皆々様、
ほんとうにありがとうございました。

機会あったら、ぜひ熊本へ!!
辛子蓮根も、馬刺も美味しいよーーーーー!!

c0048265_1743219.jpg

by nar_boss | 2016-05-09 20:43 | ▷▶マネージャー上野日誌
<< WORKS_book 『KOK... WORKS_book 『大論争... >>