株式会社ナルティスのブログです。
by nar_boss
info

2017年、新年のご挨拶
! —

!! ナルティス instagram 更新中 !!

公式Facebookはコチラ


▷▶ 株式会社ナルティスとは/MAP

▷▶ ナルティスキャンバス!!

………

装丁を主体に活動する
ナルティスのブログへようこそ。

ナルティスは、
「本」にまつわるデザインを
生業としています。

本ブログはお仕事の紹介や弊社の日常を、
Facebookはブログと連動しつつ、
Facebookのみの情報も交えて更新中です。

装丁・デザインのご依頼などは
こちらからどうぞ。
(窓口:マネージャー上野)
mail:
nartis@nartis.co.jp
tel: 03-6457-5170



<!!!>ナルティスWEBサイトおよびブログ内の写真、文章の無断転載はご遠慮ください。
カテゴリ
検索
最新の記事
WORKS_comic 『H..
at 2017-08-17 16:06
キャンバス日誌、『ロッタレイ..
at 2017-08-17 15:39
WORKS_comic 『ロ..
at 2017-08-10 17:18
WORKS_book 『浪費..
at 2017-08-10 17:17
WORKS_comic 『さ..
at 2017-08-10 10:38
WORKS_book 『KO..
at 2017-08-10 10:14
WORKS_comic 『か..
at 2017-08-09 19:32
WORKS_comic 『ス..
at 2017-08-09 14:46
ナルティス、ハタチになりました。
at 2017-08-07 16:09
WORKS_comic 『れ..
at 2017-08-04 14:34
ブログジャンル
画像一覧
2010年 06月 15日
社員旅行@屋久島レポート<vol.5>
ごきげんいかがですか?
マネージャー上野です。

わたし以外のナルティスメンバーは、
もう屋久島のことなんてすっかり忘れているのかもしれません。
でも楽しかったよね!ね!ね!

というわけで、もうvol.5ですか。
長丁場になっております5月21日〜24日に決行されたナルティス社員旅行@屋久島のレポート。
『やっと宿に着いたよ〜夜ごはん〜ウミガメ産卵見学』のvol.4はコチラからご覧ください。

今回のレポートは緑です。
屋久島のメインイベント、白谷雲水峡トレッキングでございますー!

はじまりはじまりーーーーー!!
c0048265_1954959.jpg








2日目の朝。
c0048265_19551339.jpg

ウミガメが産卵のため上陸した足跡なんぞを眺めたりして。
c0048265_19555230.jpg


空模様はこんな感じ。
屋久島のお天気は変わりやすい。
1周車で2時間ほどの島内でも、西側と東側ではお天気が違うそうです。
c0048265_19561547.jpg

お山のような雲。
c0048265_19572114.jpg


おはよー、ハマちゃん。(載せたの怒られるかな…)
c0048265_19583243.jpg

おはよー、おすぎ。(載せたの怒る?謝っとこう、ごめんね…)
c0048265_1959126.jpg

超早起きのboss。トレッキングの身支度をしている我々を盗撮。
c0048265_200691.jpg


寝起き男子。
c0048265_2003116.jpg

朝ご飯。
c0048265_2005894.jpg

ご飯おかわりすると卵かけごはんにできるそうで、もちろんおかわり。
c0048265_2013930.jpg


朝の風景はこれくらいにして、いよいよトレッキングですよーーー!!

【白谷雲水峡】
AM8:30 宿を出発

屋久島レポート、ほぼ円形の島を時計に見立てて位置情報をば。
10時付近にある宿"送陽亭"を出発。
3時方面(空港付近)からトレッキングをスタートするため、
10時→11時→…と車で移動です。

AM9:00
まずは、前日に予約しておいたお弁当を取りに行きました。
予約したのは"島むすび"というお店のお弁当。
いろいろ検討した中で、唯一お弁当が二段重ねだったのが決め手でした。

ちなみに、前もって予約しようと2日前に電話したら、
「天気が変わりやすいから、登れるかどうかギリギリまで考えた方がいいよ。
前日に天気予報見てから予約してもらってかまわんよ〜。」と
お店の方にアドバイスをもらいました。
ほほぅ…そんなに天気が変わりやすくて、
しかも雨だとやっぱり登れない場合があるのか。。。なるほど。
というわけで、お弁当の内容はのちほど♪

白谷雲水峡登山口を探してウロウロ。
c0048265_15232176.jpg

行けども行けども登山口らしきものは無い。
すでに車で登山しているような山道。
c0048265_15232973.jpg

雨も強くなってきて一同不安。
c0048265_15273163.jpg


AM10:00
屋久島ではカーナビが役立ちません。道路にある看板と、ガイドブックなどの地図が頼り。道路脇にあった看板を見逃したおかげで、1時間弱の迷走の果て、ようやく登山口に到着〜。

入林協力金ひとり300円を払って、マップをもらいます。
c0048265_15285853.jpg


最初は、整備された道のりなんです。
c0048265_15491185.jpg

雨が降る可能性が高いため、全員ゴアテックス!フル装備であります!
c0048265_15494321.jpg

なにか見つけたようです。
c0048265_15495889.jpg

猿!!まだ全然山に入ってないのに、猿!!登山後5分足らずで出会えました。
c0048265_15503622.jpg

猿がくつろいでいた岩山をガシガシ登ります。
c0048265_15511193.jpg

イエーイ!岩場の頂上に到着!!(登山開始10分足らず…、まだみんな元気です。)
c0048265_15514228.jpg

橋渡ったり。まだまだ整備された道のり。
c0048265_15524022.jpg

おお!滝がキラキラ!!
c0048265_15531771.jpg

ひたすら整備された階段を登りつつ、記念撮影。
(登山開始20分足らず…、みんな元気。)
c0048265_15534630.jpg

と、そのとき!!またお猿が!!普通に横切ってゆきます。
屋久島では動物が主役。人間はお客さんです。
c0048265_15564241.jpg

変な木があったりもして。
c0048265_1557304.jpg

登山道には、ピンクのリボンがところどころで見られます。道しるべです。
c0048265_15575210.jpg

おうおう、トレッキングっぽくなってきたよ。
c0048265_1559798.jpg

c0048265_17191674.jpg

整備されてない道無き道をゆきます。
c0048265_15593170.jpg

苔むしてきました。
c0048265_1602342.jpg

c0048265_160394.jpg

どうしよう、みんなが登っている後ろ姿の写真ばっかり…
c0048265_16056100.jpg

苔むせるだけ苔むしていますね。
湿気MAX!!でもゴアテックス着用のため、蒸し暑い、という感覚はあまりありません。
c0048265_163196.jpg

おお!屋久島っぽい風景です!
これ、たぶん屋久杉、、、なんじゃないかしら?
c0048265_1635623.jpg

根がすごい。
c0048265_1643965.jpg

もののけ姫っぽくなってきました。
おすぎの後ろ姿の大きさに注目してみてください。
目の前に広がる風景の壮大さが伝わるのではないかと…
c0048265_1611142.jpg

ときどき立ち止まっては緑を愛でて、
ピンクのリボンを頼りに、てくてくと山の奥へと進んでゆきます。
c0048265_17163953.jpg

こーんな変な形の杉が、そこここに在ります。
c0048265_16185642.jpg

キリンみたい。
c0048265_16193923.jpg

やっほー!
c0048265_1620389.jpg

杉、杉、と言ってますが、杉かどうか確かではありません。
もう屋久島に生えてる木は全部杉だと思っている節があります。
杉と戯れるハマちゃん。
c0048265_16343016.jpg


突如として謎の写真!!
これまでの屋久島レポートを熟読している希有な方は、想像がつくでしょう。
写真がブレているということは…
c0048265_16345784.jpg

鹿ですよー、屋久鹿さんですよー!
c0048265_16374519.jpg

屋久鹿さんのお尻は、白いんですよー。かわいいねー。
c0048265_16381738.jpg

餌を物色する目が、かなり真剣です。
c0048265_16353118.jpg

首、ぐりんってなってる…。あわわ…
c0048265_1636698.jpg

コッチ向いたーーー!でもピント合ってなし!!
c0048265_1639935.jpg

ひゃあ、こんな近くまで!
c0048265_1637125.jpg

全然人間のこと気にしてない!鹿、まっしぐら!!
そう、屋久島では動物が主役なんです。
c0048265_1640817.jpg


AM11:00 (登り始めて1時間!)
だいぶ山も深くなってきました。緑色が深くなっていきます。
c0048265_1734135.jpg

変な形の杉シリーズ、「蛇」。
c0048265_16553653.jpg

すごい模様の切り株。大迫力。
c0048265_16584037.jpg

人の大きさと比べると、思った以上の大きさに驚きます。
c0048265_16595451.jpg

サイズの感覚が変になってきます。だいたいのものは大きい。
切り株とおすぎとハマちゃん。
c0048265_1701885.jpg

道中、こんな具合に祠っぽくなっている杉がたくさんあるんです。
やっぱり『もののけ姫』に登場するコダマ(木霊)になりきりたくなります。
c0048265_1763130.jpg


川を渡ります。
c0048265_1794860.jpg

デザイナー橋本、川の流れなど気にも止めず、果敢に渡ってゆきます。
c0048265_17104444.jpg

横目で渡る川の流れも愛でつつ…
c0048265_17111316.jpg

キマッた!た、頼もしい…!!
c0048265_1711492.jpg


変な形の杉シリーズ、「富士山」。
c0048265_17122987.jpg

富士山の向こうに鹿登場!!
ぎゃーーー、また首がぐりんってなってる…!
c0048265_17133670.jpg


さあさあ、まだまだ山道は続きます。我々の他にも登山者がちらほら。
c0048265_17351672.jpg

変な形の杉シリーズ、「走る足」。
c0048265_17275351.jpg

もののけの森へと。
c0048265_17413343.jpg

変な形の杉シリーズ、「トンガリ」。
c0048265_1742176.jpg

変な形の杉シリーズ、「ニョロニョロ」。
c0048265_17423687.jpg

変な形の杉シリーズ、「酔っぱらい」。
c0048265_1744667.jpg

個人的にはいちばんこの「酔っぱらい」がいちばんお気に入りの杉。
ぐでん、、と座る脂肪たっぷりの生き物に見えるのです。こんな風に。
c0048265_17444563.jpg


AM11:20
"くぐり杉"なるものに出会いました。
c0048265_17463839.jpg

ここをくぐります。
c0048265_17495237.jpg

くぐりハマ。
c0048265_17502278.jpg

くぐり橋本。
c0048265_17504637.jpg

くぐりマネージャー。
c0048265_1751258.jpg

くぐりおす…ぎ…はっ!くぐり杉をくぐるおすぎ!!くぐり杉!!!
お後がよろしいようで…。。。
c0048265_17514091.jpg


AM11:30 七本杉
くぐり杉を過ぎてすぐ現れるのが、この七本杉。
ドシーンと太い幹が伸びていて、上部の枝が七本に別れていることから
七本杉と呼ばれているそうです。
c0048265_17524535.jpg

ここで晴れてきました。
c0048265_1825395.jpg

見上げるのみ、です。
c0048265_184341.jpg

苔はじゅわーーーーっとしていて気持ちいい。
c0048265_1845582.jpg

記念撮影!!(撮影:boss)
c0048265_1861090.jpg


変な形の杉シリーズ、「耳」。
c0048265_188937.jpg

変な形の杉と石シリーズ、「かたつむり」。
c0048265_1893935.jpg


このあたりから、マネージャー上野のカメラが湿気によりおかしくなってきました。
ある意味、幻想的な写真が撮れるようになってきましたよ。
c0048265_18102065.jpg
c0048265_18103279.jpg


まだまだ登ります。
c0048265_1811093.jpg

苔むし度、100%!!
c0048265_18112167.jpg

緑の向こうにデザイナー橋本。
c0048265_18124511.jpg

わっせ、わっせ。
c0048265_18131293.jpg

疲れ知らずのハマちゃん。
c0048265_18133971.jpg


突如として花が咲いていたりもするんです。
c0048265_18221016.jpg

どこから苔むすとか、どこまで苔むすとか、なにか理由があるんでしょうか。
c0048265_1823177.jpg
c0048265_1823427.jpg
c0048265_18234964.jpg

根って地を這うものだと思ったら大間違いでした。
c0048265_18242237.jpg


PM12:00(登りはじめて2時間)
また杉の洞窟が。
c0048265_182538.jpg

杉の中から見た景色。
c0048265_18253391.jpg

かわいい芽。
c0048265_1830480.jpg

もののけモデル。
c0048265_18304721.jpg

相変わらず苔むす道中。
c0048265_17262680.jpg

てくてく登ること2時間。
c0048265_18341737.jpg


休憩場所に到着!!
bossより、下界で買っておいた黒糖が配布されました。
c0048265_1835160.jpg

c0048265_18355510.jpg
c0048265_1836620.jpg

うまーーー!
c0048265_18363285.jpg


往路目的地である"太鼓岩"へ、いざ!もう一息!!
c0048265_183747.jpg

このもう一息の20分が、すごい辛かった。。。
いきなり60度くらいの山道になり、全員ぜーはー登っていたため、写真はコレ1枚。
弱音を吐く余力も無いほどに辛く、目はうつろ、ただただ地面を見ながら足を出すことに集中。
c0048265_18374634.jpg



【太鼓岩】PM12:30
ぎぇえぇぇぇぇぇーーーー!!ぐ、ぐ、苦しい…!!
着いたぁぁぁぁぁぁーーーー!
c0048265_14515464.jpg

突如現れるドデカイ岩。柵も何も無く、ただそこに岩があるのみ。
c0048265_14494755.jpg

霧がかかっていて怖さ倍増。晴れてても見え過ぎて怖いかなあ。
c0048265_1524958.jpg

左側、もう絶壁です。なーんにも無いのです。
c0048265_15163580.jpg

立つの怖い。
c0048265_1458031.jpg

みんな及び腰。
c0048265_14584824.jpg

ハマちゃん、ギリギリに座ってる…
c0048265_15205785.jpg

おお!いつの間にかbossもギリギリに挑んでいる!!
c0048265_1502534.jpg

boss、決死の撮影。
c0048265_1512085.jpg

おーい!こっちも撮ってくださいなー!
c0048265_1544925.jpg

ひゃっほう!!
…と調子に乗っていたら「まじ落ちるからやめて」とおすぎに叱られました。
c0048265_1531291.jpg


さあ、下りましょう下りましょう。
c0048265_1528331.jpg
c0048265_15281589.jpg
c0048265_15283221.jpg


さっきの休憩所まで下って、いよいよお弁当の時間です。やったーぃ!!
c0048265_15291964.jpg

朝寄って受け取った"島むすび"さんのお弁当。二段重ねが決め手でした。
(※マネージャー上野のカメラは湿気によりイカれはじめております。
お見苦しい写真で申し訳ありません。)
c0048265_15301654.jpg

もぐもぐ。水分補給もしっかりして、いよいよ下山であります。
c0048265_15322177.jpg


PM1:20 下山開始
変な形の杉シリーズ、「光る眼」。
c0048265_15361466.jpg

カメラの調子がいよいよ…
c0048265_15365545.jpg

変な形の杉シリーズ、「ドラゴン」。
c0048265_15372150.jpg

うわあ、晴れてきたー。
c0048265_1538046.jpg

雨上がりの深緑。
c0048265_15382430.jpg

雨上がりの木肌。
c0048265_1539338.jpg

視界はほぼ緑が続きますが、なにかハッとする風景ってのがあるんです。
c0048265_15395883.jpg

なにかが宿っているのかもしれません。
c0048265_15405195.jpg

下りは膝にきます…
c0048265_1544338.jpg

枝振りが素晴らしい。
c0048265_1545944.jpg

変な形の杉シリーズ、"鳥の足"。
c0048265_15455294.jpg

苔むすねえ。
c0048265_15462913.jpg

c0048265_15465297.jpg

さすがに疲れてきたかしら。
c0048265_1547244.jpg

細いロープを頼りに下ります。うぅ、膝にきます。
c0048265_15474989.jpg

おそらく行きと同じ道を歩いているはずなのですが、
c0048265_1548196.jpg

逆から歩くと、全然違う風景に見えるから不思議です。
c0048265_15483170.jpg

c0048265_1651071.jpg
c0048265_1651873.jpg


PM2:50 ほぼ下山完了
整備された道に戻ってきました。
c0048265_166243.jpg

セルフタイマーで下山記念写真〜♪
c0048265_1664474.jpg


登山口まではもう少し。あたりを見回すと、来た道とは違う道を発見!!
正しいか正しくないかなんて関係なか!!
道があるなら行ってみるしかなかろうもん!!という
全会一致の決により(多分…)、そちらの道へ進みました。
c0048265_16101929.jpg

だいじょうぶか、この道。
c0048265_1611451.jpg

キノコも生えとる。
c0048265_16114163.jpg

不安をかき消すため、滝を眺めます。
c0048265_1612661.jpg

c0048265_16124032.jpg

c0048265_1613398.jpg


一面シダの壁!!
c0048265_1618105.jpg

bossより「シダの中に入れ」という命令が下りました。
c0048265_16191437.jpg

同化したいけど、やっぱり自然の色と同じは難しいです。
c0048265_16192942.jpg


てくてく歩いていると…はっ!!
c0048265_16133630.jpg

必死に撮影する橋本を撮影。
c0048265_16142646.jpg

角が男前です。
c0048265_1614455.jpg
c0048265_16145662.jpg
c0048265_1615744.jpg


しばし歩くと…もしかして…下山か?!
c0048265_16262291.jpg

下山!!
c0048265_1627757.jpg

PM3:20 ウィーアー下山!!
c0048265_16273760.jpg


またも屋久鹿さんのお尻に導かれて、無事帰路についたのでした。
c0048265_1630139.jpg


屋久島の森は、ただただそこに在りました。
「おいでおいで〜」も無く、「また来てね〜」も無い。
媚びない大自然と対峙したときに、何を感じたかと思い返してみると、
何も感じなかったです。

ここまで記事を書いていてなんなのですが…
美しいとか、綺麗とか、そういうことでなく、
ただそこに在ることを「おお、そうか、ここは森だ。」と
認識するだけでいいのではと、思ったのでした。
むしろ認識しかできなかった。

風、陽、雨。
湿気、カメラ破壊、膝笑。

白谷雲水峡レポート、以上!!


【次回予告】
いよいよ社員旅行@屋久島レポートも最終回!?
トレッキング後の晩ご飯、3日目、一行は指宿へ移動します。


>>>ナルティス社員旅行2010レポート vol.6へ>>>
by nar_boss | 2010-06-15 17:28 | ▷▶ ナルティス社員旅行
<< モーニング29号、『宇宙兄弟』... 新緑ビューーーー!! >>