株式会社ナルティスのブログです。
by nar_boss
info

2017年、新年のご挨拶
! —

!! ナルティス instagram 更新中 !!

公式Facebookはコチラ


▷▶ 株式会社ナルティスとは/MAP

▷▶ ナルティスキャンバス!!

………

装丁を主体に活動する
ナルティスのブログへようこそ。

ナルティスは、
「本」にまつわるデザインを
生業としています。

本ブログはお仕事の紹介や弊社の日常を、
Facebookはブログと連動しつつ、
Facebookのみの情報も交えて更新中です。

装丁・デザインのご依頼などは
こちらからどうぞ。
(窓口:マネージャー上野)
mail:
nartis@nartis.co.jp
tel: 03-6457-5170



<!!!>ナルティスWEBサイトおよびブログ内の写真、文章の無断転載はご遠慮ください。
カテゴリ
検索
最新の記事
WORKS_comic『聖☆..
at 2017-09-22 16:09
月刊 モーニング・ツー 11..
at 2017-09-22 15:48
WORKS_comic 『肉..
at 2017-09-20 16:08
WORKS_comic 『お..
at 2017-09-20 15:46
WORKS_comic 『お..
at 2017-09-20 15:43
WORKS_comic 『乙..
at 2017-09-20 15:28
WORKS_magazine..
at 2017-09-15 16:13
WORKS_magazine..
at 2017-09-10 15:30
WORKS_comic 『筋..
at 2017-09-05 17:50
キャンバス日誌、『SHADO..
at 2017-09-04 17:43
ブログジャンル
画像一覧
2010年 06月 08日
社員旅行@屋久島レポート<vol.4>
ごきげんいかがですか?
マネージャー上野です。

もういい加減昔の話になりつつありますが、
5月21日〜24日に決行されたナルティス社員旅行@屋久島。
レポートvol.4です。
『フルーツ三昧〜巨大滝で修行〜屋久鹿と初対面♡』のvol.3はコチラからご覧ください。

1日目も終盤、ビョークやマシュー・バーニーも宿泊したという宿に到着!!
其の名も"送陽亭"。
c0048265_14131497.jpg







屋久島は円形。
位置を時間で表すと、屋久島空港のある3時方面からドライブはスタートしました。
屋久島周囲の1本道をぐるりとドライブして、10時方面にある宿に到着です。

【送陽亭】
早朝、東京を出発して、屋久島に到着したのがAM11:00。
ゆっくりゆったり寄り道して、PM6:00頃に宿到着。

社員旅行の行き先を屋久島に決めてから、
各方面の屋久島経験者に、トレッキングのこと、宿のことなどお聞きしておりました。そんな中、みなさま声を揃えてオススメしてくださったのが、この"送陽亭"。
c0048265_14141063.jpg


受付を済ませて…
c0048265_14144567.jpg


各部屋は棟こそ一緒ですが、離れのような雰囲気。
我々ナルティス一同は、男女別室おとなり同士で泊まりました。
c0048265_14152836.jpg


男子部屋。これ公開していいんだろうか。いっか。いいよね?
c0048265_14163147.jpg


女子部屋。デザイナー橋本が入れてくれたお茶でひとやすみ。
c0048265_14174385.jpg

c0048265_1419753.jpg

縁側に佇みホッと一息の橋本。
c0048265_14183028.jpg


お部屋にはなぜかどてらが常備されていました。
c0048265_14254745.jpg

タオル掛けもなんだか味わい深い。
c0048265_14265175.jpg


宿に着いたなら、飯じゃ、飯じゃ!!
こんなところで食べます。完全に外。
c0048265_142739100.jpg

c0048265_14281383.jpg

良い眺め。
c0048265_14284891.jpg

永田いなか浜。
この海岸、日本一のウミガメの産卵地だそうです。(夜、産卵を観に行きました。)
c0048265_1429810.jpg

見晴らしを堪能。
c0048265_1437022.jpg

1日のドライブを終え、bossようやくビールです。おつかれさまでした。
c0048265_14351588.jpg

かんぱーい!社員旅行っぽい記念撮影してみました。
c0048265_14532524.jpg


煮物。
c0048265_14381770.jpg

飛魚のさつま揚げ。
c0048265_14382686.jpg

サバ節。らっきょうとか高菜と食べると美味。
c0048265_14391870.jpg

飛魚とかサバとかいろいろのお刺身。
屋久島のお醤油はとっても甘い。これがかーなーりー美味しくって感激!!
c0048265_14392516.jpg

あおりイカの酢味噌和え。
c0048265_14405952.jpg

姫筍の丸焼き。
c0048265_1441483.jpg

あっつあつを剥いて食べます。
c0048265_17152859.jpg
c0048265_14435955.jpg

ほろ酔いで食べます。
c0048265_1710370.jpg


そうこうしていると、送陽亭の親父さんが登場。
屋久島の焼酎"三岳"を持って各席を巡回します。
c0048265_14452562.jpg

我々は2泊するので、1泊のお客さん優先。
親父さんは「明日ね〜」と約束して、他のテーブルへと去ってゆきました。
c0048265_14462621.jpg


最後にドドン!と出てきたのが、伊勢エビのお味噌汁!!!!!
c0048265_14545333.jpg

伊勢エビと格闘!
c0048265_14555639.jpg

いただきますか…
c0048265_14561970.jpg

c0048265_14564361.jpg
c0048265_14564866.jpg

伊勢エビの殻で味噌汁を飲む、という贅沢。
c0048265_14565587.jpg

おいしゅうございました。
c0048265_145744.jpg


【永田いなか浜でウミガメの産卵を見学】
5月上旬から7月下旬にかけてはウミガメの産卵時期。
PM8:00ウミガメ観察会へ行きました。

送陽亭から歩いて3分ほどのところに永田いなか浜はあります。
c0048265_17111674.jpg

街灯も少ないため、ヘッドライトを装備していざ永田いなか浜へ。
c0048265_1712455.jpg

曇っていた空は少しだけ晴れて、お月様が見えてきました。
c0048265_14594214.jpg


c0048265_1541984.jpg

撮影は一切不可。ウミガメ観察に際するレクチャーを受けて、いよいよ海岸へ。
c0048265_17104481.jpg

観れました!ウミガメがコロンコロンと卵を産む瞬間を!
撮影不可のため、なんとも伝えがたいこの状況。。。

ウミガメの背後に約30人ほどが回り込み、ガイドさんが懐中電灯でペカッと照らしたお尻あたりを全員で凝視する、というなんともシュールな光景でした。
c0048265_1551972.jpg


ウミガメは産卵時に涙を流す、と言われていますが、あれは涙じゃないんですって!
基本的に海中で過ごしているウミガメは、ごはんを食べるときに体内に入ってしまった塩分を目の近くにある腺から絶えず出しているのだそうです。

そして衝撃的だったのが、昔はウミガメの卵を食べていたということ。
ゼラチン質の多いウミガメの卵は茹でても固まらず、卵の殻に小さい穴を空けてちゅるっと吸うようにして食べるらしい。子供のおやつだったそうです。

体長1メートル、体重100kg以上のウミガメにとって、
卵を産み落とすための穴掘りから始まり、産卵、
そして卵を守るために最後に砂をかぶせるまで、かなりの重労働。
最後の砂をかぶせる頃になると、ウミガメの鼻息も荒く、
「ふがー…ふがー…」とだいぶ疲れているご様子でした。

晩ご飯も食べたし、ウミガメも観たし、
締めくくりはお風呂じゃー!というわけで、風呂支度。
ここで活躍したのが『旅の手帖』(交通新聞社刊)定期購読者への特典でゲットした"かけ湯くんバッグ"。『荒呼吸』松本英子さんが描く"かけ湯くん"があしらわれたお風呂に出かけるときに小物を入れる素敵なバッグであります。
c0048265_1424233.jpg


そんなこんなで1日目が終了。
2日目はいよいよ屋久島トレッキング〜。
白谷雲水峡へゆきます。
どてらと共に、明日着るゴアテックスを準備して、おやすみなさーい。
c0048265_16223565.jpg


☆おまけ☆
次の日の朝の海岸。
c0048265_17175317.jpg

砂浜を横切るように入っている線、これは昨晩産卵のために上陸したウミガメの足跡です。
c0048265_17225985.jpg



【次回予告】
いよいよ屋久島メインイベント、白谷雲水峡へまいります。
次回のレポートは緑色になると思います。癒されてください。



>>>ナルティス社員旅行2010レポート vol.5へ>>>
by nar_boss | 2010-06-08 17:24 | ?? ナルティス社員旅行
<< 『呼出し一(はじめ)』1巻は7... 『週刊 漫画サンデー 2010... >>