株式会社ナルティスのブログです。
by nar_boss
info

2017年、新年のご挨拶
! —


アルバイト募集中!!
3月31日(金)AM10:00〆切


!! ナルティス instagram 更新中 !!

公式Facebookはコチラ


▷▶ 株式会社ナルティスとは/MAP

▷▶ ナルティスキャンバス!!

………

装丁を主体に活動する
ナルティスのブログへようこそ。

ナルティスは、
「本」にまつわるデザインを
生業としています。

本ブログはお仕事の紹介や弊社の日常を、
Facebookはブログと連動しつつ、
Facebookのみの情報も交えて更新中です。

装丁・デザインのご依頼などは
こちらからどうぞ。
(窓口:マネージャー上野)
mail:
nartis@nartis.co.jp
tel: 03-6457-5170



<!!!>ナルティスWEBサイトおよびブログ内の写真、文章の無断転載はご遠慮ください。
カテゴリ
検索
最新の記事
WORKS_comic 『超..
at 2017-03-27 20:26
WORKS_comic 『白..
at 2017-03-27 20:24
WORKS_comic『ダ..
at 2017-03-25 20:21
WORKS_comic 『ま..
at 2017-03-23 20:06
月刊 モーニング・ツー 5 ..
at 2017-03-22 16:56
WORKS_comic 『マ..
at 2017-03-18 16:23
WORKS_comic 『ち..
at 2017-03-16 10:00
WORKS_comic 『山..
at 2017-03-10 18:09
WORKS_comic 『D..
at 2017-03-09 18:05
再びアルバイト募集します!
at 2017-03-02 16:14
ブログジャンル
画像一覧
2009年 09月 03日
<潜入レポ>ナタリーに行ってきた。

ハロー。
マネージャー上野です。

音楽、コミック、お笑いに関するニュースを
いち早く、そして愛情を持った記事で展開する『ナタリー』

これまでコミックナタリーでは、
あんな記事こんな記事でナルティスにも触れて頂きました。

ナタリーとは何者なのか。
ゆるふわ愛され音楽ニュースサイト。なんじゃそりゃ。
一体全体、どんなゆるふわさんが、どんなゆるふわ加減で運営しているのか。

気になって気になって仕方がないので、
『ナタリー』を運営しておられる、
株式会社ナターシャへ、行ってみました!

お忙しい中、「会いたいんです!」という暑苦しい想いを快く許してくださった、
コミックナタリー編集長の唐木さん、ありがとうございました。







以前、一軒家が事務所だという噂を聞いていたので、
きっと靴を脱いでお邪魔するはず…ということで、
いちばんお気に入りのいちばん上等の靴下を履いて、いざ下北沢へ。

途中、井の頭線渋谷駅にある
岡本太郎さんの「明日の神話」を横目に眺め、パワーをもらう。
c0048265_1040711.jpg


井の頭線下北沢駅の西口を降りて、少し歩くと、いよいよ到着。
エレベーターを降りた直後、目に入ったものは、
銀板に明朝体で書かれた"株式会社ナターシャ"の文字。
c0048265_14211430.jpg


ゆるふわのナタリーが、なんで銀板に明朝!?
会社っぽい!

想定外の出来事にうろたえたわたしは、
お土産のメンチカツの袋をギュッと抱え、
メンチじゃなくてスウィーツにすれば良かった…と、しばし黙想。

とはいえ、せっかく来たのです。ようやく念願叶ったのです。
当然ぼやっとしているわけにもいきませんので、とにかく潜入開始。



気さくに迎えてくださった、
コミックナタリー編集長の唐木さん(右)と、
コミックナタリー記者の淵上さん(左)。
c0048265_11573050.jpg


どうやらお聞きしてみると、
昨年の夏頃、現事務所に移転されたとのこと。
一軒家時代はその前で、当時15人ほどの社員を詰め込んでいたら、
風邪がピンポン感染し、一向に治らず、
全員が衰弱していくという事態に見舞われ、引越を決断。
現在のオフィスが運良く見つかり、移転されたのでした。
靴を脱ぐことなく、お邪魔することと相成りました。

なぜか、タイ古式マッサージ店風の雰囲気を醸し出す入口付近(意図的)。
間接照明と土壁が、訪問者を癒します。
c0048265_12235270.jpg


そんなこんなで通されたオシャレ会議室。
入口にはシーサーが。
c0048265_12241831.jpg


会議室にはなぜか、沖縄の石敢當(いしがんとう)。
T字路に置くと魔除けになるらしく、まさにT字路の突き当たりに。
c0048265_1164436.jpg


そんな会議室で、ナタリーのこれまでの経緯や、記事へのこだわり、
最近のマンガ事情などをお聞きしました。
もちろん、マンガ業界への熱い志をお持ちで、
いち早く楽しく面白く情報をリリースするための、
ひたすら地道な情報収集力にはほんとうに頭があがりません。
素晴らし過ぎます。

唐木さんはコミックナタリーの編集長でありながら、
株式会社ナターシャの取締役でもあります。
経営者としてのポリシーなんかもお聞きできて、
経営者では無いですが、わたしも身の引き締まる想いでした。
がんばるぞー。

すっかりくつろいで楽しいお話をした後は、
株式会社ナターシャの社内見学。

ココから全ての情報は発信されている!
いちばん手前の島がコミックナタリーのみなさま。マンガが山積み。
c0048265_1203751.jpg


オフィスの一番奥には、木彫りの熊。魔除け。
シーサーといい、石敢當(いしがんとう)といい、やたら魔除けが多い。
c0048265_1411486.jpg


ナタリーのキャラクターは、東村アキコさん作。
原画のコピーが飾られていたり。
c0048265_1465249.jpg


こんな洒落たお部屋もある。
現在20名ほどのナタリー。
大所帯になってきたので、このスペースで呑んだり食べたりすることもあるそうです。
c0048265_1491571.jpg


そして、ブックディレクター幅允孝氏(BACH代表)デザインの、
少年マンガ誌でできた棚!!
c0048265_14142690.jpg

c0048265_14144873.jpg


横尾忠則氏がアートワークを手がけた『少年マガジン』もあったり。斬新。。。
c0048265_14162688.jpg
c0048265_14163852.jpg


いやあ、面白かったです。

唐木さん、淵上さん、そしてコミックナタリー記者のみなさま、
ありがとうございました。

他業種の方々とマンガを通して繋がれることは、
ほんとうに面白いし、嬉しいです。

近々また!!

c0048265_14175136.jpg

by nar_boss | 2009-09-03 21:23 | ▷▶マネージャー上野日誌
<< >>>>... キャンバス日誌、「ももきや」笠... >>